島根県松江市の西日本補聴器

2019.06.20 認知症対策


昨日の讀賣新聞の記事に載っていました。

2015年にまとめられた「認知症政策推進総合合戦略(新オレンジプラン)」を

強化され、今までの「共生」に加え「予防」が加わったのが特徴のようです。

「予防」の定義としては、下記の二つのようです。

 ①認知症になるのを遅らせる

 ②認知症になっても進行を緩やかにする

また、認知症の危険因子の一つに「難聴」が厚生労働省から発表もされました。

他にも、「加齢」「高血圧」も挙げられています。

難聴の進行をほっとくと、コミュニケーション不足、孤立、最終的には

認知機能の低下やうつ病を発症するリスクも高まります。

聞こえで不安・心配なことがある方は、まずは当社へお気軽にご相談下さい。

美味しいお茶を準備してお待ちしております。

出雲店

西日本補聴器のアフタサポート

西日本補聴器は補聴器を通じてお客様との一生のおつきあいを目指しています。
購入時も購入後も、安心な独自のサービスでお客様をサポートします。
詳細は「西日本補聴器サポート」をご覧ください。