島根県松江市の西日本補聴器

2017.11.20 隠岐の島海士町


こんにちは
先日隠岐の島の海士町へ補聴器の納品に行って来ました。
荒れる日本海を3時間航行し到着しました。海士町の菱浦港でお客様と待ち合わせをし、納品しました。
納品も無事終わり帰りの船まで時間が合ったので、散策をしようと歩き出すと
海士町の港にはこんなポスターがいっぱい…

なんて自虐的なんだろう。なぜこんなポスターにしたのか興味が沸いたので調べてみました。
『ないものはない』という言葉には、①無くてもよい  ②大事なことはすべてここにある
という2重の意味をもつそうです。
離島である海士町は都会のように便利ではないし、モノも豊富ではありません。しかしその一方で、自然や郷土の恵みは潤沢。暮らすために必要なものは充分あり、今あるものの良さを上手に活かしています。
『ないものはない』は、このような海士町を象徴する言葉、島らしい生き方や魅力、個性を堂々と表現する言葉として選ばれたそうです。

大事なことはすべてここにあるからこそ『ないものはない』という言葉を言えるのだと思います。皆さん海士町へ行かれた際はぜひこのポスターを見てみて下さい。

出雲店

西日本補聴器のアフタサポート

西日本補聴器は補聴器を通じてお客様との一生のおつきあいを目指しています。
購入時も購入後も、安心な独自のサービスでお客様をサポートします。
詳細は「西日本補聴器サポート」をご覧ください。