島根県松江市の西日本補聴器

2018.01.23 補聴器用電池って冬になると減るの早くない?



寒くなってくると電池の減りがはやいな~って思う事ありませんか?
今回はそんな電池のお話です。
ちゃんと理由があるんです。

・寒いところでは発電しにくい
寒いと体が思うように動かないことと同様に、空気電池も寒いところでは発電しにくくなります。冬場に空気電池を使用する際には、寒いところに置きっぱなしにしないようにしましょう。なるべく気温が5度以上の場所に置くようにしてください。極端に空気電池が冷たい場合は、電池を手で少し温めてから使用してください。
ただし、補聴器に空気電池を取り付ける場合には、汚れを落としてから取り付けてください。

・二酸化炭素は電池の敵
とくに冬場、閉め切った部屋でファンヒーターやストーブを使っている場合、空気中に二酸化炭素が多くなります。空気電池は二酸化炭素が苦手であり、このことが寿命を短くする原因に繋がります。可能な限り、部屋の換気ができる場所で行うようにしましょう。

いかがでしょうか?少しでも電池が長持すればうれしいですよね。
ちょっとした気遣いで長持ちすることもありますので、ぜひやってみてください。

出雲店

西日本補聴器のアフタサポート

西日本補聴器は補聴器を通じてお客様との一生のおつきあいを目指しています。
購入時も購入後も、安心な独自のサービスでお客様をサポートします。
詳細は「西日本補聴器サポート」をご覧ください。